コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大東急記念文庫 だいとうきゅうきねんぶんこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大東急記念文庫
だいとうきゅうきねんぶんこ

東京都世田谷区上野毛所在。国宝3点を所蔵する。『白描絵料紙理趣経』1巻は鎌倉初期の装飾経で,建久3 (1192) 年崩御した後白河法皇の供養のため『金光明経』4巻に次いで翌4年に写経されたもの。それより以前,法皇の命による物語絵巻を制作中であったが,それを中断し写経の料紙とした。そのため白描の下絵のままで人物も未完となったため,「眼無経」とも称される。未完の下絵はやまと絵の貴重な資料となっている。『史記孝景本紀第十一』1巻は劉宋裴いんによる『史記』の注釈書の平安時代の古写本で,大江家国が延久5 (1073) 年に書写し読解の教科書として用いたもの。朱筆乎古止点,諸註などが書込まれ,以後加筆されながら大江家に代々伝えられた。『六祖挟担図』1幅は中国禅宗第6祖慧能の出家機縁を描いたもので,縦 93cm,横 36.4cmの紙本墨画。図上には,南宋末期の制作であることを示す偃鶏広聞の賛がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

大東急記念文庫【だいとうきゅうきねんぶんこ】

東京都世田谷区上野毛の五島美術館に併設。鉄道資本の東急(東京急行電鉄)のオーナーであった五島慶太によって1949年に設立された。和書・漢籍・仏書さらに《北野天神縁起絵巻》《寒山図》(いずれも重文)などの美術資料など幅広く,総数約4万点を数える。
→関連項目本朝神仙伝

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大東急記念文庫の関連キーワード金光明最勝王経音義東京急行電鉄[株]東急グループ門と直筆原稿狩谷棭斎目無し経絵因果経叡山版名目鈔合巻直翁

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android