名鉄百貨店(読み)めいてつひゃっかてん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名鉄百貨店
めいてつひゃっかてん

百貨店。名古屋鉄道グループの流通部門の中核企業。1952年名鉄ビルディングを設立。1954年現社名に改称。系列会社として 1971年にはメルサを東京,銀座に開設。1977年にホンコン有限公司を,1984年にシンガポール店を,シンガポール,バンコク,台湾に駐在員事務所を開設。2003年メルサと経営統合。2004年名古屋鉄道の完全子会社となる。関連会社に金沢名鉄丸越百貨店,ロフト名古屋などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

名鉄百貨店

名鉄グループの中核企業。1954年12月開店。名古屋駅前の本店と、愛知県一宮市の一宮店がある。本店には本館、メンズ館、ヤング館の3館があり、売り場面積は計6万8617平方メートル。劇場名鉄ホール」もある。10年3月期の売上高は、前期比12.1%減の675億円。10年3月末の従業員数は956人。05年に伊勢丹業務提携した。

(2010-07-04 朝日新聞 朝刊 東海経済)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

名鉄百貨店

正式社名「株式会社名鉄百貨店」。英文社名「MEITETSU Department Store Co., Ltd.」。小売業。昭和27年(1952)「名鉄ビルディング株式会社」設立。同29年(1954)現在の社名に変更。同年店舗開業。本社は名古屋市中村区名駅。名古屋鉄道子会社の百貨店。本店は地上10階・地下2階建て。最上階には劇場「名鉄ホール」がある。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

名鉄百貨店の関連情報