コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

名古屋鉄道 なごやてつどう

4件 の用語解説(名古屋鉄道の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

名古屋鉄道
なごやてつどう

私鉄会社。1894年愛知馬車鉄道として創業,1896年名古屋電気鉄道と改称。1921年株式会社に改組し,名古屋鉄道と改称。1923~29年に 4鉄道を合併,1930年美濃電気軌道を合併して名岐鉄道と改称。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

なごや‐てつどう〔‐テツダウ〕【名古屋鉄道】

愛知県と岐阜県に路線をもつ鉄道会社。また、その鉄道。豊橋・岐阜間の名古屋本線を中心として営業。明治27年(1894)創立。名鉄(めいてつ)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

名古屋鉄道

正式社名「名古屋鉄道株式会社」。英文社名「Nagoya Railroad Co., Ltd.」。陸運業。大正10年(1921)設立。本社は名古屋市中村区名駅。鉄道会社。中部圏最大の私鉄で路線は愛知・岐阜両県。不動産賃貸・分譲も手がける。名鉄グループの中核企業。子会社でバス・タクシー・運輸・海運・航空・流通事業などを展開。東京証券取引所第1部・名古屋証券取引所第1部上場。証券コード9048。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

なごやてつどう【名古屋鉄道】

愛知・岐阜両県に539.3km(1997)と日本第2位の営業路線長をもつ民営鉄道。名鉄と略称。豊橋~新名古屋~新岐阜間の名古屋本線のほか三河線,常滑(とこなめ)線(神宮前~常滑),河和(こうわ)線,犬山線(枇杷島分岐点~新鵜沼),尾西線など多数の支線と路面電車の美濃町線,モンキーパークモノレール線などから成る。1894年創立の名古屋電気鉄道が建設した犬山線と,1910年創立の愛知電気鉄道が建設した常滑線が発祥で,名古屋電気鉄道は名古屋鉄道,名岐鉄道と称した時代を経て,1935年愛知電気鉄道を合併して名古屋鉄道となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

名古屋鉄道の関連キーワード足羽川岐阜市能郷白山今庄[町]岐阜[県]坂内〈村〉岐阜県羽島郡柳津〈町〉吉野谷[村]

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

名古屋鉄道の関連情報