コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

君子は三端を避く クンシハサンタンヲサク

大辞林 第三版の解説

くんしはさんたんをさく【君子は三端を避く】

〔韓詩外伝〕
君子は、文士の筆端、武士の鋒端ほうたん、弁士の舌端ぜつたんを避けて身を守る。つまり、筆・武器・弁舌で人と争うことを好まない。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

君子は三端を避くの関連キーワードつた文士弁舌弁士