コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓詩外伝 かんしがいでんHan-shi wai-zhuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓詩外伝
かんしがいでん
Han-shi wai-zhuan

中国,前の韓嬰 (かんえい) の著。 10巻。『詩経』の章句に関連して故事,逸事,伝承を記述した書物。韓嬰は生没年未詳,燕の人で,前漢の文帝景帝に仕えた。『斉詩』『魯詩』とともに,秦の焚書ののち,漢代に『詩経』を伝えたいわゆる「三家詩」の一つである『韓詩』を伝える家で,その注釈書である『韓詩内伝』と本書とを著わしたが,内伝は亡失して本書だけが伝わった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんしがいでん〔カンシグワイデン〕【韓詩外伝】

中国の古代説話集。10巻。前漢の韓嬰(かんえい)著。古い故事・逸話を、「詩経」の詩句と関連づけて解説したもの。「韓詩内伝」は現存しない。かんしげでん。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしがいでん【韓詩外伝】

「詩経」の解説書。中国、前漢の韓嬰かんえい著。一〇巻。故事や古語を雑多に引き、それを「詩経」の章句で説明したもの。「詩経」の注釈書「韓詩内伝」の方は散逸して伝わらず、「外伝」だけが残る。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓詩外伝
かんしがいでん

中国、漢代の韓嬰(かんえい)が著した『詩経』解説書。10巻。雑多な故事や説話をあげ、それらを『詩経』の詩句で説明したもの。詩句の解釈を主とした注釈書とは異なる。韓嬰は、漢代初期に魯(ろ)の申培公(しんばいこう)、斉(せい)の轅固生(えんこせい)とともに隷書(れいしょ)で書かれたテキストに準拠する今文学派の詩経学者。それぞれ魯詩、斉詩、韓詩とよばれ、「三家詩」と総称する。韓詩以外の2家の説はいま断片しか伝わらず、韓嬰の書物も『韓詩内伝』などすでに滅んで逸文が集められているにすぎないが、この『外伝』のみ現在まで伝存する。[佐藤 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

韓詩外伝の関連キーワード樹静かならんと欲すれども風止まず木静かならんと欲すれども風止まず子養わんと欲すれども親待たず木陰に臥す者は枝を手折らず子養わんと欲すれど親待たず江南の橘江北の枳となる石を抱きて淵に入る君子は三端を避く海波を揚げず石に立つ矢風樹の嘆握髪吐哺西島城山佐藤三端

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android