コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

韓詩外伝 かんしがいでんHan-shi wai-zhuan

4件 の用語解説(韓詩外伝の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

韓詩外伝
かんしがいでん
Han-shi wai-zhuan

中国,前漢の韓嬰 (かんえい) の著。 10巻。『詩経』の章句に関連して故事,逸事,伝承を記述した書物。韓嬰は生没年未詳,燕の人で,前漢の文帝,景帝に仕えた。『斉詩』『魯詩』とともに,秦の焚書ののち,漢代に『詩経』を伝えたいわゆる「三家詩」の一つである『韓詩』を伝える家で,その注釈書である『韓詩内伝』と本書とを著わしたが,内伝は亡失して本書だけが伝わった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

かんしがいでん〔カンシグワイデン〕【韓詩外伝】

中国の古代説話集。10巻。前漢の韓嬰(かんえい)著。古い故事・逸話を、「詩経」の詩句と関連づけて解説したもの。「韓詩内伝」は現存しない。かんしげでん。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かんしがいでん【韓詩外伝】

「詩経」の解説書。中国、前漢の韓嬰かんえい著。一〇巻。故事や古語を雑多に引き、それを「詩経」の章句で説明したもの。「詩経」の注釈書「韓詩内伝」の方は散逸して伝わらず、「外伝」だけが残る。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

韓詩外伝
かんしがいでん

中国、漢代の韓嬰(かんえい)が著した『詩経』解説書。10巻。雑多な故事や説話をあげ、それらを『詩経』の詩句で説明したもの。詩句の解釈を主とした注釈書とは異なる。韓嬰は、漢代初期に魯(ろ)の申培公(しんばいこう)、斉(せい)の轅固生(えんこせい)とともに隷書(れいしょ)で書かれたテキストに準拠する今文学派の詩経学者。それぞれ魯詩、斉詩、韓詩とよばれ、「三家詩」と総称する。韓詩以外の2家の説はいま断片しか伝わらず、韓嬰の書物も『韓詩内伝』などすでに滅んで逸文が集められているにすぎないが、この『外伝』のみ現在まで伝存する。[佐藤 保]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone