コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

筆端 ヒッタン

デジタル大辞泉の解説

ひっ‐たん【筆端】

筆の先。
書画や文章の筆の運び。また、それで書いたもの。
「―に記せざるは勿論、言外にも其意味を見ず」〈福沢学問のすゝめ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひったん【筆端】

筆の先。
文のはしばし。筆の運び。 「 -少しく卑劣に亘り/学問ノススメ 諭吉

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

筆端の関連キーワード嘆・丹・単・反・單・嘆・坦・憚・憺・担・探・擔・旦・歎・淡・湍・湛・炭・疸・痰・短・站・端・箪・簞・綻・緞・耽・胆・膽・蛋・誕・譚・貪・鍛君子は三端を避く学問ノススメ纏繞・纒繞明明白白髭題目漢字書画製作三端毫端八分

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android