舌端(読み)ぜったん

精選版 日本国語大辞典「舌端」の解説

ぜっ‐たん【舌端】

〘名〙
① 舌のさき。特に調音点としての舌尖(ぜっせん)のすぐうしろの舌の上面をさす。
※報恩録(1474)上「百獣が分離し舌端がきれたぞ」
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉八「舌端(ゼッタン)(〈注〉シタノサキ)適宜に量りて喉に入るれば喉之れを斂め」
② くちさき。弁舌。舌頭。
※三教指帰(797頃)上「但懸河妙弁、舌端短乏」
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉六「宣教師輩を舌端に侮弄する様の事もあって」 〔韓詩外伝‐七〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「舌端」の解説

ぜっ‐たん【舌端】

舌の先。舌頭。
口先の言葉。弁舌。舌頭。
「宣教師輩を―に侮弄するようの事もあって」〈蘆花・思出の記〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android