吸収障害症候群(読み)きゅうしゅうしょうがいしょうこうぐん(英語表記)malabsorption syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吸収障害症候群
きゅうしゅうしょうがいしょうこうぐん
malabsorption syndrome

吸収不全症候群ともいう。小腸の栄養素吸収機能の障害によって慢性の下痢,栄養不良,体重減少などを主徴とする症候群をいう。このほか夜間尿,貧血,浮腫,無月経,胃痛,出血傾向などもみられる。原因は非常に多様であるが,以下のものがあげられる。消化不全 (肝・胆道疾患や胃切除後) ,小腸での細菌繁殖,リンパ管閉塞,心臓血管系疾患 (収縮性心膜炎,うっ血性心不全) ,腸粘膜を侵す炎症性または浸潤性疾患 (限局性腸炎,アミロイドーシス強皮症,リンパ腫,放射線障害,熱帯性スプルー) ,遺伝性異常 (非熱帯性スプルー,乳糖不耐症,シスチン尿症) ,内分泌および代謝性疾患 (糖尿病,上皮小体や副腎皮質の機能不全,甲状腺機能亢進症,ゾリンジャー=エリソン症候群,カルチノイド症候群) など。原因に応じた治療をすることが必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android