コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹かす フカス

デジタル大辞泉の解説

ふか・す【吹かす】

[動サ五(四)]
タバコを吸う。また特に、タバコの煙を深く吸わずに吐き出す。「パイプを―・す」
(「噴かす」とも書く)自動車などのエンジンを速く回転させる。「スロットルを全開にして―・す」
(「…風(かぜ)を吹かす」の形で)それらしいようすをする。…ぶる。「先輩風を―・す」
口から出まかせに景気よく言う。吹聴する。
「かやうに申せば、我身を―・したるやうにおぼしめさんも」〈仮・竹斎・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふかす【吹かす】

( 動五[四] )
外に吹き出す。特に吸ったタバコの煙をはき出す。 「タバコを-・す」 「ある商店で大きな蓄音器を-・してゐた/それから 漱石
停車した状態で、自動車のエンジンを高速回転させる。 「エンジンを-・す」
「…風かぜを吹かす」の形で、ことさら…らしく振る舞うの意を表す。 「亭主風を-・す」 「兄貴風を-・す」
吹聴する。 「我身を-・したるように思しめさんも恥しけれども/仮名草子・竹斎」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

吹かすの関連キーワード臆病風に吹かれるぷかりぷかり風を吹かす大尽・大臣ぷかぷかばくばく仮名草子タバコ(ディモフの小説)蓄音器風胴役人親風

吹かすの関連情報