コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上友一郎 いのうえ ともいちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上友一郎 いのうえ-ともいちろう

1909-1997 昭和-平成時代の小説家。
明治42年3月15日生まれ。昭和14年「残夢」が好評をえて都新聞記者から作家生活にはいる。18年「竹夫人(ちくふじん)」を発表。戦後は丹羽文雄らと「風雪」の創刊にくわわり,風俗小説で人気を博した。平成9年7月1日死去。88歳。大阪出身。早大卒。本名は友一。作品に「絶壁」「蝶になるまで」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いのうえともいちろう【井上友一郎】

1909~1997) 小説家。本名友一。大阪府生まれ。早大卒。中国戦線を従軍した体験を描いた小説で知られ、戦後は巧みな会話で庶民感覚に富んだ風俗小説を量産した。著「竹夫人」「蝶になるまで」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上友一郎
いのうえともいちろう
(1909―1997)

小説家。大阪生まれ。大阪、京都の中学を転々としたのち、早稲田(わせだ)大学専門部法科入学。在学中長田(ながた)秀雄に師事し、劇作家を志したが、田村泰次郎(たいじろう)、坂口安吾(あんご)らとの交友を通して作家になる決意を固めた。早大仏文科卒業後、都(みやこ)新聞社の記者となり、1939年(昭和14)、『マノン・レスコー』の日本版ともいうべきダンサーを描いた風俗小説『残夢』が丹羽(にわ)文雄によって激賞されたのを機会に新聞社を退き、作家生活に入った。戦後、風俗小説の中堅作家として活躍、代表作には『ハイネの月』(1947)、『蝶(ちょう)になるまで』(1947~49)などの作品がある。大阪人の庶民感覚を巧みな語り口でとらえた作品が多い。[磯貝勝太郎]
『『筑摩現代文学大系61 井上友一郎他集』(1979・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

井上友一郎の関連キーワード心と肉体の旅あんじょう田村泰次郎現代文学中間小説銀座化粧小説家心寒い

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android