吹(き)竹(読み)フキダケ

精選版 日本国語大辞典の解説

すい‐ちく【吹竹】

〘名〙 =すいてき(吹笛)〔韓愈‐代張籍与李浙東書〕

ふき‐だけ【吹竹】

〘名〙 吹いて火を起こす竹の筒。火吹竹
※雑俳・柳多留‐六二(1812)「吹竹も紅を付けてる新世帯」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の吹(き)竹の言及

【火吹竹】より

…一端に節(ふし)を残して小さな穴があけてある長さ2尺ぐらいの竹筒で,室町時代末にはすでに見られた。土地によって火起し竹,息つぎ竹,ふすり竹,吹竹ともいう。付木(つけぎ)やマッチが出回って火が容易に得られるようになったのは新しいことで,それ以前は火種を絶やさず毎朝火をかきおこして吹きつけるのが主婦の重要な役目であり,このため火吹竹は重宝な道具であった。…

※「吹(き)竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android