(読み)スイ

  • ふか・す
  • ふき
  • ふけ・る
  • ふっ
  • 漢字項目

精選版 日本国語大辞典の解説

〘他サ五(四)〙
① あること無いこととりまぜて景気よく言う。誇張して話す。口から出まかせに言う。吹聴する。
※仮名草子・竹斎(1621‐23)上「かやうに申せば、我身をふかしたるやうに思しめさんも恥しけれども」
② ひろめる。盛んにする。
※浮世草子・好色一代男(1682)七「昔しの人の袖のかほるより、今の太夫まさりて、上林の家の風を吹(フカ)し侍る」
③ そのようにふるまう。とりたててそれらしくする。「兄貴風をふかす」
④ 吸った煙を吐き出す。特に、タバコの煙を深く吸いこまないで口の内に吸って出す。
※洒落本・金枕遊女相談(1772‐81頃)「まごゑもんをふかす」
⑤ 自動車や飛行機のエンジンを速く回転させる。多く、空転でそれを行なう場合にいう。
※上と下(1958)〈井上友一郎〉弱い光り「ブルン、ブルンとひどくエンジンを吹かした上、車がのろのろと動き出した」
〘名〙 (動詞「ふく(吹)」の連用形の名詞化)
① 風などが吹くこと。
※後撰(951‐953頃)秋下・四〇六「山風のふきのまにまにもみぢ葉はこのもかのもに散りぬべらなり〈よみ人しらず〉」
② 鍛冶屋などが用いるふいご。〔日葡辞書(1603‐04)〕
③ 吹雪。暴風雪。
※春と修羅(1924)〈宮沢賢治〉春と修羅「吹雪(フキ)も光りだしたので」
④ 金属などを熱して溶かすこと。鋳造すること。
※多聞院日記‐天正一〇年(1582)二月五日「金子半枚の代廿五石并すわ〈一斗〉ふき〈一斗〉判〈一斗〉」
〘他ラ四〙 他人に見せて誇る。見せびらかす。自慢する。
※日葡辞書(1603‐04)「チャワンヲ fuqeru(フケル)
〘接頭〙 「ふき(吹)」の変化した語。動詞の上に付けて、勢いよく動作する意を表わす。「ふっとぶ」「ふっきる」など。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

吹の関連情報