コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吹芡刀自 ふふきのとじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吹芡刀自 ふふきのとじ

?-? 飛鳥(あすか)時代の歌人。
天武天皇4年(675)十市(とおちの)皇女にしたがって伊勢神宮にもうでたときによんだ歌が「万葉集」巻1に1首,巻4には相聞歌が2首みえる。吹黄(ふきの)刀自とも。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

吹芡刀自の関連キーワード天武天皇あすか歌人

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android