コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呂赫若 りょかくじゃくLo He-ruo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

呂赫若
りょかくじゃく
Lo He-ruo

[生]1914
[没]1951
台湾の作家。日本植民地時代に日本語で創作した。1934年台中師範学校卒業。1935年『牛車』を日本の『文学評論』に発表,中国語に翻訳され紹介される。1939年日本の武蔵野音楽学校で声楽を学び,東宝劇団に所属する。1942年台湾に戻り,翌 1943年『財子寿』で第2回台湾文学賞を受賞。1946年から『人民導報』の記者のかたわら,植民地時代や戦争を描いた中国語による小説を書く。のち左傾化し,1951年鹿窟武装基地事件で死亡したとされる。小説集『清秋』(1944)などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

呂赫若の関連キーワード牧野省三第一次世界大戦史(年表)チャップリン新藤兼人セネット第一次世界大戦斎藤寅次郎市川崑グリフィス木下恵介