呉竹の台(読み)くれたけのだい

精選版 日本国語大辞典「呉竹の台」の解説

くれたけ【呉竹】 の 台(だい・うてな)

仁寿殿の西の庭の敷設。清涼殿東南よりの川竹(かわたけ)の台に対して配置されている格子籬垣(ませがき)の中に、淡竹(はちく)を植えた所。⇔川竹の台
※江家次第(1111頃)八「自竹台南辺、東西行引幔」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の呉竹の台の言及

【清涼殿】より

…階段は東側2ヵ所,北側に1ヵ所,ともに3級の木階である。東庭に御溝水(みかわみず)が流れ,南寄りに〈漢竹(かわたけ)の台(垣)〉,北寄り離れた位置に仁寿殿の〈呉竹の台〉がある。【平林 盛得】。…

※「呉竹の台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android