籬垣(読み)マセガキ

デジタル大辞泉の解説

ませ‐がき【×籬垣】

竹・柴(しば)などを粗く編んでつくった低い垣。ませ。まがき。
などを両方から当てて杭(くい)の見えないように結った垣。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ませ‐がき【籬垣】

〘名〙
① 竹や木などで作った低く目のあらい垣。ませ。まがき。
※古今六帖(976‐987頃)四「山がつの垣ほに囲ふませかきのませたりきとも見えし君かな」
② 黒文字・柴などを杭(くい)の両側からあてて並べ、杭の見えないように作った垣。〔石組園生八重垣伝(1827)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android