コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

川竹/河竹 カワタケ

デジタル大辞泉の解説

かわ‐たけ〔かは‐〕【川竹/河竹】

川のほとりに生えている竹。
メダケ、またはマダケの別名。
《川竹の流れの身から》遊女。遊女の身の上。
「いづれも―なれば、ただただ後世を願ひ」〈難波鉦・四〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の川竹/河竹の言及

【メダケ(女竹)】より

…とりわけ若竹の竹の皮は白くて美しい。川端によく育つので,川竹(かわたけ)ともいう。大きいものは稈の直径3cm,高さ8mにもなる。…

※「川竹/河竹」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone