ゴロフクレン(英語表記)〈オランダ〉grofgrein

大辞林 第三版の解説

ゴロフクレン【呉絽服連】

舶来の梳毛そもう織物。近世、イギリス・オランダなどから輸入。カッパ地・帯地などにした。ゴロフク。ゴロ。フクリン。 〔「呉絽服連」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ゴロフクレン【呉絽服連】

〘名〙 (grofgrein)⸨ゴロフクリン⸩ 舶来のあらい梳毛(そもう)織物の一種。毛足の長い粗剛な羊毛を用いて織ったもの。江戸中期から、明治初年にかけて、イギリス、オランダなどから輸入、カッパ地、帯地などに用いた。ゴロフク。ゴロ。ゴロー。
※徳川実紀‐寛文元年(1661)三月三日「入貢の蘭人御覧あり。貢物は〈略〉羅紗一種。ころふくりん一種」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android