コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

入貢 ニュウコウ

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐こう〔ニフ‐〕【入貢】

[名](スル)外国から使節が貢物を持って来ること。「入貢船」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

にゅうこう【入貢】

( 名 ) スル
外国から使節が貢ぎ物を持って来ること。 「六十五年任那-す/新聞雑誌 40

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

入貢の関連キーワード安土桃山時代(年表)文禄・慶長の役英祖(沖縄)原田喜右衛門安土桃山時代クルタナガラ二十六聖人原田孫七郎元寇・元冦室町時代中島広足室利仏誓日本演劇琉球貿易与湾大親沮渠蒙遜永享条約倭の五王一山一寧足利義満

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

入貢の関連情報