告諭(読み)つげさとす

精選版 日本国語大辞典の解説

つげ‐さと・す【告諭】

〘他サ四〙 さとし聞かせる。言い聞かせる。説諭する。
※妙一本仮名書き法華経(鎌倉中)二「諸子に告諭(ガウユ)(〈注〉ツケサト)して、もろもろの患難をとく」

こく‐ゆ【告諭】

〘名〙 告げさとすこと。言い聞かせること。また、そのことば。諭告。
※史記抄(1477)一〇「諸方へまわりて告諭して勧進をしたやらう」 〔史記‐高帝本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こく‐ゆ【告諭】

[名](スル)言い聞かせること。また、その言葉。「社員に告諭する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android