コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周田半蔵 すだ はんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

周田半蔵 すだ-はんぞう

1841-1863 幕末の武士。
天保(てんぽう)12年生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。文久3年奇兵隊に入隊し,下関攘夷(じょうい)監察使正親町公董(おおぎまち-きんただ)を警護。公董の命で京都にいくが,萩藩が京都から追放された八月十八日の政変にであい,憂憤のうちに文久3年9月6日病死。23歳。名は正順。字(あざな)は鋭。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

周田半蔵の関連キーワードグリュクスボー朝グリュックスボー朝天保の改革ファーブル-ブラントホーソンブルースエンゲルス中島名左衛門ウィリアムHハリソンアストン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android