コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呪師走り ジュシバシリ

2件 の用語解説(呪師走りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅし‐ばしり【呪師走り】

《「じゅしはしり」とも》
呪師3によって演じられた芸能。平安中期から鎌倉中期にかけて盛行。曲芸・早業的な演技が中心で、敏速な動きが多かったのでこの称がある。ずしばしり。
能の翁(おきな)の特殊演出の一。奈良興福寺薪能(たきぎのう)の行事の初めに春日大社行われる呪師走りの翁。ずしばしり。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅしはしり【呪師走り】

法会のあとで、呪師が演じる芸能。呪法をわかりやすく示すもので、曲芸的な演技が多い。
奈良興福寺の薪能たきぎのうに伝存する四人翁の特殊な演式。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の呪師走りの言及

【翁】より

…現存最古とされる翁舞の面も鎌倉時代のもので,完成された様式をもつ。この翁の芸能が,どのような系譜に根ざしているか不明な部分が多いが,平安中期以降に大社寺の修正会(しゆしようえ)・修二会(しゆにえ)などに守護神をまつる後戸(うしろど)で演じられた呪師(しゆし)猿楽の芸能として発展したものらしく,奈良興福寺修二会では鎮守神たる春日大宮の前で演じる翁猿楽を〈呪師走り〉と称している。また延暦寺の修正会でも,鎮守日吉神社で翁舞が演じられるなどその例は多い。…

【翁猿楽】より

…劇形態の能が生まれる前から猿楽が演じていた祝禱の舞を中心とする芸で,猿楽本来の芸と考えられている。南都薪(たきぎ)猿楽の冒頭に春日大宮社頭で演じられる翁猿楽を〈呪師走り〉と呼んでいることが示唆するように,この芸は往昔の呪師の走り芸の系統をひき,その源は平安末期に始まると推定される。翁猿楽に戯曲的な筋はほとんどなく,全体が一種の儀式とみられるが,鎌倉末期まではこれが猿楽の芸の主体をなすものであった。…

【呪師】より

…これを呪師猿楽といい,13世紀ごろまで観賞芸能として貴族層に受け入れられた。今日の《式三番》には〈呪師走り〉の名が残されている。【高橋 美都】。…

【呪師猿楽】より

…〈走り〉の芸はまた〈延年〉にも流れこんでいる。興福寺の薪能(たきぎのう)で行われる《式三番》をとくに〈呪師走り〉と呼ぶのは,呪師が《式三番》を勤めたことを推定させる。【味方 健】。…

【薪能】より

…然バ一七(いつしち)日ノ所作也〉とあり,その大要を知ることができる。2月5日に春日神社で〈呪師走り〉(《式三番》)があり,6日から7日間行われた南大門での猿楽能が最大の行事であった。これは6・7日が四座の立合で,8日からは金春,金剛,観世,宝生の順に一座ずつ春日若宮社頭で能を演じ(御社上(みやしろあがり)の能),12日には再び四座立合で能を演じるものであった。…

※「呪師走り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

呪師走りの関連キーワード呪師呪術師シリコーン樹脂樹枝呪師猿楽儒書受診走り競コミュシェ箸墓幻想

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

呪師走りの関連情報