コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呪願師 ジュガンシ

デジタル大辞泉の解説

じゅがん‐し〔ジユグワン‐〕【呪願師】

法会のとき、呪願文を読む僧。七僧の一。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の呪願師の言及

【悔過作法】より

…こうした場合は,日により,また時(じ)によって法要の細部や声明(しようみよう)の曲節に違いがあり,さまざまな様相の変化を呈する。悔過作法の中心は,呪願師(しゆがんし)の唱える〈呪願〉,悔過導師(時導師(じどうし)ともいう)の先導で一同がつとめる〈称名(しようみよう)悔過〉〈宝号唱礼〉〈真言念誦(ねんじゆ)〉〈大懺悔(おおいさんげ)〉(宗派によりいずれも異称がある)などで,これに〈供養文(くようもん)〉《(ばい)》《散花(さんげ)》〈回向(えこう)〉その他が配されて,首尾一貫した法要となっている。呪願師の役は,法要全体の統括者である大導師(だいどうし)が兼ねる例が多く,悔過導師は若い僧が時ごとに交代してつとめる例が多い。…

※「呪願師」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

呪願師の関連キーワード信円義演九僧法会堂達

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android