コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味覚器 みかくき

大辞林 第三版の解説

みかくき【味覚器】

味を感ずる器官。脊椎動物では舌や口腔に味蕾みらいとしてあり、昆虫では口腔・小顎・下唇・肢先端・触角などにある。味受容器。味覚器官。 → 味蕾

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

味覚器

 舌にある味蕾.食物の味を感知し,その信号を神経系に伝える.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

味覚器の関連情報