コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

味覚器 みかくき

大辞林 第三版の解説

みかくき【味覚器】

味を感ずる器官。脊椎動物では舌や口腔に味蕾みらいとしてあり、昆虫では口腔・小顎・下唇・肢先端・触角などにある。味受容器。味覚器官。 → 味蕾

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

味覚器の関連キーワードにおい(匂い∥臭い)ギムネマシルベスタミラクルフルーツ味覚修飾物質感覚器官六根清浄化学感覚勝木保次味覚器官感覚器器官味覚口腔

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android