コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神経系(読み)しんけいけい(英語表記)nervous system

翻訳|nervous system

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神経系
しんけいけい
nervous system

神経組織によって構成される器官系の総称。その構成要素である神経細胞神経線維の興奮伝達性によって,知覚,運動,分泌などの諸機能を統御して身体各部の統合を行い,個体の行動を統制のとれたものにする働きをする。末梢神経系中枢神経系自律神経系に分けられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

神経系【しんけいけい】

神経組織によって構成される器官系。その構成要素である神経細胞(ニューロン)と神経繊維がもつ興奮伝導性と,これらの要素の高度に複雑な構成に基づいて,身体諸部分の機能的相関と,個体的行動の統一性がもたらされる。すなわち神経系の統制によって,随意性・不随意性の運動,反射運動,知覚感受から思考,記憶,判断などの高等な精神作用,感情,情意などの働きまでが正常に行われる。神経系には,脳と脊髄からなる中枢神経系とこれから身体各部に至る末梢神経とがあり,末梢神経には,脳神経脊髄神経のほかに交感神経が特別に分化している。 無脊椎動物では腔腸動物の神経網(散在神経系)が最も原始的。左右相称的体制と頭部形成を示す扁形動物以上では,神経細胞の集中化により神経節,脳,脊髄など構造上・機能上の中枢化がみられ,かご形(扁形動物),はしご形(環形・節足動物),管状(脊椎動物)などの神経系が区別される。棘皮(きょくひ)動物では放射状神経系で中枢はみられない。
→関連項目散在神経系神経

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんけいけい【神経系 nervous system】

神経組織によって構成される器官系をいう。生体の特徴の一つは,刺激に対して反応することである。これは1個の細胞についてもいえることで,例えばアメーバのような単細胞生物を針で突いて刺激すると,刺激された部分とは反対の方向へ偽足を伸ばして刺激を避けようとする。一方,多細胞生物になるとしだいに細胞の役割分担がはっきりしてきて,幾種類かの細胞群の分業的かつ協調的な働きによって生体の機能がまっとうされるようになる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんけいけい【神経系】

神経を構成する一系の器官。脳と脊髄からなる中枢神経系と、脳および脊髄から出て全身に分布する末梢神経系とからなる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

神経系の関連情報