コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呵する カスル

デジタル大辞泉の解説

か・する【×呵する】

[動サ変][文]か・す[サ変]
息を強く吹きかける。凍った筆や硯(すずり)に息を吹きかけて暖めるところから、「筆硯(ひっけん)を呵する」などの形で、文章を書く意に用いられる。
「予は硯(けん)に―・し紙(し)に臨んで」〈芥川・開化の殺人〉
しかりつける。
「あれは仏を―・し祖を罵るのだね」〈鴎外・独身〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かする【呵する】

( 動サ変 ) [文] サ変 か・す
きびしくしかる。大声でなじる。 「愚行を-・する」
息を吹きかけてあたためる。 「禿筆とくひつを-・す(=自分ノ文章ヲヘリクダッテ言ウ)」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

呵するの関連キーワード筆硯

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android