コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

呼和浩特 フフホト

デジタル大辞泉の解説

フフホト【呼和浩特】

《青い都市の意》中国、内モンゴル自治区中部にある区都。16世紀にアルタン=ハンによって築かれた帰化と、清の乾隆帝によって築かれた綏遠(すいえん)の新旧2城からなり、帰綏(きすい)と呼ばれた。毛織物工業が盛ん。人口、行政区141万(2000)。フホホト。

フホホト【呼和浩特】

フフホト

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

フフホト【呼和浩特】

中国、内モンゴル自治区の区都。旧称、帰綏きすい。新旧二城からなり、旧城を帰化城、新城を綏遠すいえんといい、合併して帰綏と称した。フホホト。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

呼和浩特の関連キーワード内モンゴル(蒙古)自治区チーフォン(赤峰)特別市ホータオ(河套)平原ウラーンバートル五塔寺昭君墓五原郡綏遠省帰化城旧称盛楽