コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

命弾 いのちだま

世界大百科事典 第2版の解説

いのちだま【命弾】

マモリダマ,ユルシノタマなどの名もあり,昔の狩人が山中で怪異にあって危急の場合に撃つため常に携帯した弾丸。鉄で造るとも伊勢神宮の許しを得た金の弾とも,また鉛の弾で梵字(ぼんじ)あるいは八幡大菩薩または南無阿弥陀仏と彫られているとも伝え,信仰的な品であった。これで猫の化物を射止めたなどの話が語られており,通常はこの弾丸を射撃した後は狩りを業とすることを廃するものとされた。【千葉 徳爾】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

命弾の関連キーワードチェーカーマモリダマダントン化物話またぎ張勲

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android