コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

八幡大菩薩 はちまんだいぼさつ

3件 の用語解説(八幡大菩薩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

八幡大菩薩
はちまんだいぼさつ

八幡神に対して奉られた菩薩号。奈良時代に始る神仏習合から起った称号で,仏教に守られる八幡神の意。天応1 (781) 年宇佐八幡神を護国霊験威力神通大菩薩と称したのに始るとされる。明治に入って,神仏分離により,石清水,宇佐などの八幡大菩薩の称号が廃せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はちまん‐だいぼさつ【八幡大菩薩】

八幡神に対する称号。神仏習合によって起こり、八幡神の本地菩薩としたもの。
[副]《八幡大菩薩に誓って、の意から》必ず。断じて。決して。
「―、是非に貰はねばきかぬ」〈難波鉦・六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

はちまんだいぼさつ【八幡大菩薩】

○ ( 名 )
神仏習合思想を受けて、781年八幡神に奉進した称号。
( 副 )
〔八幡大菩薩に誓って、の意〕 誓って。誠に。 「 -、ぜひにもらはねばきかぬ/仮名草子・難波鉦」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の八幡大菩薩の言及

【八幡信仰】より

…その後源頼信など清和源氏が八幡神を氏神とし,関東や東北にまで伝播するようになった。鎌倉幕府が開かれると,鶴岡八幡宮が武士たちに崇敬され,八幡大菩薩への信仰は全国に伝わり武神としての色彩が強くなった。一方宇佐では,神功皇后が配祀されたころ若宮が創祀され,聖母・神母の信仰が九州に現れ,聖母・神母・母子神信仰が広がり,民衆に強い支持をうけた。…

※「八幡大菩薩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

八幡大菩薩の関連キーワード一・壱一・壱・壹逸・一・佚・溢・逸一再ざら車乗小雑色一、二、三─死一色町一本木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

八幡大菩薩の関連情報