コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和する ワスル

デジタル大辞泉の解説

わ・する【和する】

[動サ変][文]わ・す[サ変]
親しむ。仲よくする。「夫婦相―・する」
他の人に調子を合わせる。「応援団長の声に―・して声援を送る」
他の詩歌にこたえて、それにふさわしい詩歌を作る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

わする【和する】

( 動サ変 ) [文] サ変 わ・す
仲よくする。したしむ。 「夫婦あい-・する」 「隣邦と-・する」
調子を合わせる。声を合わせる。 「会長の音頭おんどに-・して、万歳を三唱する」
混ぜ合わせる。調和して一つになる。 「是れ金明水に-・して醸せるものと/不二の高根 麗水」 「 麨 むぎこを蘇蜜に-・して其御身に塗り/今昔 3
おだやかになる。なごむ。 「春風の-・するが如く/福翁百話 諭吉
他人の漢詩の韻に合わせて漢詩を作る。
外国語の表現を日本語に改める。 「ラチンヲ-・シテ日本ノ口ト為スモノナリ/天草本伊曽保」
[句項目] 和して同ぜず

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

和するの関連キーワード天津にはられた義和団のビラフレミング‐ケネリーの法則一唱三嘆・一倡三歎塩化金酸ナトリウムプレゼンティングアーバン・アイコーディネートハインドマンポレンスケ価エコロジカルノーカーデー予備アルカリ電力自由化和を講ずる陽春白雪極性溶媒緩衝装置関節円板和田惟政化粧声

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

和するの関連情報