コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

和僑 わきょう Wakyo

2件 の用語解説(和僑の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

和僑

海外進出した起業家や企業の駐在員など世界各地に居住して活動する日本人の呼称。中国国籍を持ちながら海外に居住している「華僑」にちなんだ造語。2004年に香港で発足した日本人企業家による非営利団体「和僑会」が命名した。和僑は13年頃より増加傾向にあるとされ、東南アジア、中国、日本の24都市(13年現在)に拠点を持つ和僑会が情報提供や各種勉強会の実施などの支援を行っている。

(2014-1-6)

出典|(株)朝日新聞出版発行
(C)Asahi Shimbun Pubications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

和僑
わきょう

日本以外の国に中長期的に居住し、現地で生計をたてている日本人の呼称。アジア、とくに中国を中心とした地域で起業した日本人という意味で使われることが多い。wakyoとも表記される。外国に居住する中国系移民を表す呼称「華僑」に倣ったものである。和僑は、海外で起業する日本人を支援しようと、2004年に香港(ホンコン)で発足した非営利団体、和僑会が団体名に用いたことから広く知られるようになった。中国本土には上海(シャンハイ)、北京(ペキン)、広州(こうしゅう)、大連(だいれん)などに和僑会の拠点があり、2014年11月に香港で開かれた和僑会創立10周年世界大会には、11の国と地域の23拠点から約400人が参加した。
 アジアで活躍する日本人が増加する背景には、1970年代以降に生まれた世代が、日本で就職氷河期を体験したこと、日本式のビジネスを生かして起業する場所として、アジア地域を目ざす人が増えたことなどがあるとされる。起業している業種は幅広く、日本で培ったノウハウが生かせる貿易や生産管理業務、アジア地域では競争相手の少ないケーキやラーメンなどの専門店、美容やデザイン会社などが比較的多い。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和僑の関連キーワードローカルコンテント企業家帰日現地生産駐在駐在員海外駐在員総合保険社会的企業県内企業の中国進出先導的起業家育成システム実証事業

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

和僑の関連情報