和協(読み)わきょう

精選版 日本国語大辞典「和協」の解説

わ‐きょう ‥ケフ【和協】

〘名〙
① 親しんで心を合わせること。仲良く協力すること。
※史記抄(1477)三「周と召とが相与協して共理国事ほどに号曰共和ぞ」 〔春秋左伝‐隠公一一年〕
② 相談してまとめること。折り合いをつけること。はなしあい。
③ 音の調子を合わせること。また、音の調子が合うこと。
黄葉夕陽邨舎詩‐前編(1812)三・開元琴歌「中古教化号隆盛楽律和協礼儀端」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「和協」の解説

わ‐きょう〔‐ケフ〕【和協】

[名](スル)
仲よくして力を合わせること。和衷わちゅう協同。「和協一致」
音の調子を合わせること。また、音の調子が合うこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「和協」の解説

【和協】わきよう

協力。

字通「和」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android