和気秀成(読み)わけの ひでなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

和気秀成 わけの-ひでなり

1080-1143 平安時代後期の医師。
承暦(じょうりゃく)4年生まれ。権(ごんの)侍医兼采女正(うねめのかみ)。「皇国名医伝」に,鎖陰として生まれた娘の手術をしたとある。子に典薬頭(てんやくのかみ)の秀忠。康治(こうじ)2年死去。64歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android