コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遼金美術 りょうきんびじゅつ Liáo Jīn měi shù

1件 の用語解説(遼金美術の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りょうきんびじゅつ【遼金美術 Liáo Jīn měi shù】


[遼代の美術]
 中国の東北地方からモンゴルにいた遊牧民,契丹族は,916年(後梁の貞明2)耶律阿保機(太祖)が諸部族を統合し,皇帝と称した。936年(天顕11∥後晋の天福1)太宗(耶律徳光)は中原の擾乱(じようらん)に乗じて後晋の成立を援助し,燕雲十六州を割譲させたが,後晋の離反に怒った太宗は946年(会同9∥後晋の開運3)首都の汴京(べんけい)(河南省開封)を陥れて後晋を滅ぼした。翌947年(大同1∥後漢の天福12)国号を遼と改めた太宗は,後晋の方技百工・図籍などをことごとく上京に送り,北帰した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

遼金美術の関連キーワード唐物間島興安嶺東北地方東アジアモンゴル帝国モンゴル文字奥羽東北弁アイスモンスター

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone