コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咽頭の良性腫瘍 いんとうのりょうせいしゅよう

家庭医学館の解説

いんとうのりょうせいしゅよう【咽頭の良性腫瘍】

 咽頭にみられる良性の腫瘍のほとんどは、乳頭腫(にゅうとうしゅ)や小唾液腺(しょうだえきせん)由来の腺腫(せんしゅ)です。
 乳頭腫は、扁桃(へんとう)や軟口蓋(なんこうがい)、舌にできやすく、カリフラワー状の小さな腫瘤(しゅりゅう)が特徴です。
 腺腫は軟口蓋に好発し、境界のはっきりした球形のかたい腫瘍が粘膜下(ねんまくか)にみられます。
 これらの腫瘍は、ほとんど症状がなく、たまたまのどを見たときや歯の治療の際に見つかったりします。
 医師がみれば診断がつき、特殊な検査は必要としません。
 治療は、局所麻酔をして切除します。最近は、レーザーで切除することもあります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

咽頭の良性腫瘍の関連キーワードのど(咽頭、喉頭)のしくみとはたらき