咽頭の良性腫瘍(読み)いんとうのりょうせいしゅよう

家庭医学館の解説

いんとうのりょうせいしゅよう【咽頭の良性腫瘍】

 咽頭にみられる良性の腫瘍のほとんどは、乳頭腫(にゅうとうしゅ)や小唾液腺(しょうだえきせん)由来の腺腫(せんしゅ)です。
 乳頭腫は、扁桃(へんとう)や軟口蓋(なんこうがい)、舌にできやすく、カリフラワー状の小さな腫瘤(しゅりゅう)が特徴です。
 腺腫は軟口蓋に好発し、境界のはっきりした球形のかたい腫瘍が粘膜下(ねんまくか)にみられます。
 これらの腫瘍は、ほとんど症状がなく、たまたまのどを見たときや歯の治療の際に見つかったりします。
 医師がみれば診断がつき、特殊な検査は必要としません。
 治療は、局所麻酔をして切除します。最近は、レーザーで切除することもあります。

出典 小学館家庭医学館について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android