コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

私聚百因縁集 しじゅひゃくいんねんしゅう

4件 の用語解説(私聚百因縁集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

私聚百因縁集
しじゅひゃくいんねんしゅう

鎌倉時代の仏教説話集。9巻9冊。愚勧住信著。正嘉1 (1257) 年7月常陸 (茨城県) で成った。天竺 (インド) ,震旦 (中国) ,和朝の3部に分れ,147話を収める。仏法の正しさを説話によって示して,衆生に極楽往生をとげさせる機縁とすることを目的として著わされたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

私聚百因縁集【しじゅひゃくいんねんしゅう】

鎌倉前期の説話集。1257年,常陸国の浄土教の僧,愚勧住信〔1210-?〕著。9巻147話。巻1〜4は天竺,巻5・6は震旦,巻7〜9は本朝と,三国の説話を集めている。
→関連項目注好選

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しじゅひゃくいんねんしゅう【私聚百因縁集】

鎌倉時代の説話集。愚勧住信(ぐかんじゆうしん)編。1257年(正嘉1)成立。9巻。編者は,常陸在住の浄土宗の僧で本書成立のときには48歳。序には,〈マサニ知ルベシ,万法ノ由来・諸法ノ因縁,得法ノ門・開悟ノ道ナリ〉すなわち〈因縁〉を知ることこそ悟りへの道である,と説かれ,諸経論の文を集めた〈百法要文〉ともいうべきものに〈因縁〉説話を増補したものが本書である,と説かれる。〈天竺〉〈唐土〉〈和朝〉の3部より成る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

私聚百因縁集
しじゅひゃくいんねんしゅう

鎌倉中期の仏教説話集。9巻。147話の説話を収載。序、跋(ばつ)をもつ。これにより、1257年(正嘉1)、当時48歳の常陸(ひたち)国(茨城県)の僧、住信の手により、仏法の唱導書として成立したことが知られる。構成は天竺(てんじく)(巻1~4)、唐土(巻5、6)、和朝(巻7~9)の3部に分けられる。巻頭に仏法王法起源譚(たん)を置き、巻8末に法然往生(ほうねんおうじょう)譚を配すなど、その説話配列には、浄土宗を基軸に据えた仏法の三国伝来、発展史的構想がみてとれる。本書が法然(源空)の専修念仏信仰の宣揚の書であることは、随処にみられる称名念仏利益(りやく)譚からも肯定される。また、孝養譚や十王譚も目につくが、これは追善供養を主とする葬式仏教的布教活動と本書との結び付きを示唆して興味深い。説話の出典としては、『日本往生極楽記』『三宝絵詞(さんぼうえことば)』『発心集(ほっしんしゅう)』『注好選(ちゅうこうせん)』『天竺往生験記』などが指摘されている。表記は変体漢文に宣命(せんみょう)文、和漢混交文が混在し、独特な様相をみせている。[木下資一]
『『研究資料日本古典文学3 説話文学』(1984・明治書院)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の私聚百因縁集の言及

【説話文学】より

… 鎌倉時代以後の説話文学は,仏教・世俗二系列という基本的パターンは平安時代と大差ないが,作品数がいちだんと増大し,内容もより多様化していった。特に鎌倉初期・中期は説話文学作品の多出時代で,貴族官人層の懐古趣味と説話的関心が生み出した《古事談》《続古事談》《古今著聞集》,仮名文表記の読み物的な《宇治拾遺物語》《古本説話集》《今物語》,出家遁世者の隠逸思想と求道生活から生まれた《発心集(ほつしんしゆう)》《撰集抄(せんじゆうしよう)》《閑居友(かんきよのとも)》,日常処世の教訓をテーマに掲げた《十訓抄(じつきんしよう)》,三国仏教説話を集めて説経の資とした《私聚百因縁集(しじゆひやくいんねんしゆう)》,説経集的色彩の濃い《宝物集(ほうぶつしゆう)》《沙石集(しやせきしゆう)》《雑談集(ぞうたんしゆう)》などは特筆すべきもの。《長谷寺(霊)験記》《春日権現験記》のごとき寺社の霊験集,地蔵・観音以下の神仏利益集類が簇出したのもこのころからである。…

※「私聚百因縁集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

私聚百因縁集の関連キーワード今物語宇治拾遺物語宇治大納言物語古本説話集完全自由主義完全自由主義者『宇治拾遺物語』住信善法寺祐清愚勧住信

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone