コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

唐擬宝珠 トウギボウシ

大辞林 第三版の解説

とうぎぼうし【唐擬宝珠】

ユリ科の多年草。山中に自生し、また庭園に栽培される。葉は大形の卵形。夏、高さ約60センチメートルの花茎に鐘状漏斗形の白色または淡紅紫色の花を二、三〇個つける。大葉擬宝珠。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

唐擬宝珠 (トウギボウシ)

植物。ユリ科多年草。オオバギボウシの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

唐擬宝珠の関連キーワード大葉擬宝珠卵形

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android