コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和錦/倭錦 ヤマトニシキ

2件 の用語解説(大和錦/倭錦の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

やまと‐にしき【大和錦/×倭錦】

日本で織った錦。日本風の文様のある錦。中国伝来の唐錦(からにしき)に対していう。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の大和錦/倭錦の言及

【有職織物】より

は2色以上の緯糸で文様を織り表したものをいう。平織地浮文錦,地と文が異なる斜文組織のものや,文が浮織となった唐錦(からにしき)といわれるもの,地と文が同じ斜文組織で,緯糸で地色と文様を表した大和(倭)錦と呼ばれるもの,などがある。綟り織(もじりおり)は搦み織(からみおり)ともいわれる透ける織物で,紗,縠(こめ),羅に分けられ,それぞれ無文と有文のものが用いられた。…

※「大和錦/倭錦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone