問責決議案(読み)もんせきけつぎあん

大辞林 第三版の解説

もんせきけつぎあん【問責決議案】

参議院において、政府や大臣の責任を問うための決議案。衆議院の不信任決議案と異なり、可決されても法的拘束力はない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

問責決議案

閣僚としての対応や資質に問題があるとして、参院に提出される。法的拘束力はないが、与党が参院で少数となる「ねじれ国会」で野党が政権を政治的に追い込む際に使われてきた。1998年の額賀福志郎防衛庁長官を皮切りに、可決は今回で9人目。民主党政権はこれまで可決された4人について、野党が審議に応じず国会運営が滞ることを懸念し、いずれも当面続投させたのちに交代させている。

(2012-04-20 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

問責決議案の関連情報