民進党(読み)みんしんとう

百科事典マイペディアの解説

民進党【みんしんとう】

台湾の政党。正称は民主進歩党。台湾人を主体とする。1986年,戒厳令(1987年解除)下で中国国民党以外に初めて認められて結成,同年の国会選挙で初議席を獲得。1991年の党大会で〈台湾独立〉を綱領に掲げた。1996年の総統直接選挙では独立運動の主唱者彭明敏を立てたが国民党の李登輝に敗れた。1998年の立法院選挙では70議席を獲得し,第二党。2000年3月の総統選挙では前台北市長の陳水扁を立てて,国民党の連戦副総統らを破り,2004年の総統選でも陳は連戦候補に僅差で勝利したが,2008年の総統選では国民党の馬英九候補に敗れた。2008年,初の女性党首として学者出身で清廉なイメージの蔡英文を選出,2012年の大統領選を現職の馬英九と争ったが再び敗退,政権奪還はならなかった。蔡英文は責任をとって辞任,蘇貞昌が党首に選出された。しかし2014年春,中台サービス協定締結に反対する学生たちの立法院占拠運動に民進党は存在感を示すことができず,蘇貞昌は辞意を表明,5月の主席選で再び蔡英文が主席となった。11月の統一地方選では台中市など直轄市市長選で勝利。現有6だった県市長ポストを13ポストにまで躍進させた。全体の得票率は国民党40.70%に対して,民進党が47.55%と,市民の支持は逆転し,蔡英文主席は2016年の総統選候補者の立場を確実にした。
→関連項目台湾両岸関係

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

知恵蔵の解説

民進党

民主進歩党」のページをご覧ください。

民進党

2016年3月に、民主党と維新の党が合流してつくる新党。党名の「民進党」は、公募や世論調査の結果から決まった。党名は「国民と共に歩む」という意味だという。合流の背景には両党の著しい退潮傾向がある。同年7月には参議院改選を控え、安倍総理は衆参同日選を狙っているともうわさされる。巨大化する与党勢力に対して、野党勢力が結集しなければ対抗しえないとする危機感を反映したものといわれる。両党の合流で、衆参両院で計150人規模の野党第1党となるが、400人を上回る自民党にははるかに及ばない。支持者離れが深刻な両党が、合流によってどれほどの効果を得られるか先行きが懸念されている。
民主党は09年8月の衆院選で308議席を獲得し圧勝、鳩山由紀夫が首相の座に就いたものの、政権担当能力を疑われるような失政が続き首相は菅直人に代わった。菅も東日本大震災や福島原発事故などを巡り対応能力を問われて降板。11年8月には野田佳彦が首相となるが、マニフェストにも存在しない消費増税を掲げるなどして、有力議員の離党が相次いだ。12年末には解散総選挙に臨むが、わずか57議席しか獲得できず大敗。民主党は現在も、衆参両院で自民党に次ぐ第2会派を形成してはいるが、与党時代の政策への強い失望や不信感などを払拭(ふっしょく)できていない。
維新の党は、代表の橋下徹が、民主党を離れた松野頼久らと共に「日本維新の会」として12年に設立。石原慎太郎らも加わり年末の衆院選では54議席を獲得した。14年には結いの党との合流を巡って争い石原らが分裂、橋下らは結いの党との合流後、維新の党を名乗ったが、14年末の衆院選では議席を増やせなかった。15年には橋下が目玉にしていた「大阪都構想」が住民投票で否決され、党内の不協和音が拡大。橋下も離脱し11月には「おおさか維新の会」ができるなど、終始一貫して離合集散を繰り返していた。おおさか維新の会とは主導権や手続きの有効性を争って、訴訟など内紛が続いたが、12月に維新の党を将来解党することをもって和解した。
主要野党のこうした状況の中、有権者各層の野党への期待感の喪失や執政能力への懐疑を背景として、与党は自公の強力な選挙協力などによって議席数を大幅に伸ばし勢力を巨大化させている。また、長期間かけて整合性や事実上の合意を形成してきた戦後民主主義を、ないがしろにするかのような安倍政権の方針や施策に対しても、内閣支持率は降下せず一定の支持を受けている。このままでは、政権奪還どころか埋没しかねないという危機感から、民主党岡田克也代表(合流前)は「野合で何が悪いんだという開き直りの気持ちもある」として野党結集を急いでいる。
ただし、維新の党の衆院議員には、かつて政策上の不一致から民主党を去った者が少なくない。新党構想は形式ばかりが先行し、いかなる政策を基軸とするのか具体像が明確でない。民主党政権瓦解の要因となった基本政策の齟齬(そご)や党内統治能力の欠如が改善された気配もないなどの声がある。

(金谷俊秀 ライター/2016年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

民進党

国民党一党独裁への反対運動を続けてきた人たちが86年に結党し、戒厳令解除後の89年に合法化された。91年、「独立・建国し、新憲法を制定する」と明記した「台湾独立綱領」を採択。中国は、民進党政権との政治対話に応じていない。ただ、99年の「台湾の前途に関する決議」で「現状の変更は住民投票で決める」と定め、柔軟姿勢に転じている。

(2006-09-27 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

みんしん‐とう〔‐タウ〕【民進党】

平成28年(2016)に民主党維新の党などが合流して結成された政党。翌年総選挙で衆院議員らは、希望の党に合流した保守系と、立憲民主党に参加したリベラル系などに分裂。国会では参院議員のみで構成される党となった。平成30年(2018)に希望の党の大部分を吸収し国民民主党となった。
民主進歩党」の略称

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

民進党
みんしんとう

2016年(平成28)3月から2018年5月まで存在した日本の政党。母体は1996年(平成8)発足の民主党で、2009年から2012年に政権を担ったが、2012年12月の下野後も国政選挙で敗北し、2016年3月に維新の党や改革結集の会の一部などが合流して民進党に変更・発足した。しかし東京都知事の小池百合子(1952― )を中心とする希望の党との合流をめぐって、2017年10月に民進党と立憲民主党に分裂。さらに2018年5月、希望の党と合流して国民民主党となり、民進党は消滅した。政策的には専守防衛による平和主義、憲法第9条への自衛隊明記反対、長時間労働の規制、原発ゼロ実現などを掲げ、リベラル・中道左派色が強かった。ただリベラル派だけでなく、政権交代可能な二大政党をつくろうとする保守勢力も加わっており、政策的に一枚岩ではなかった。歴代代表は岡田克也(かつや)(1953― )、蓮舫(れんほう)(1967― )、前原誠司(1962― )、大塚耕平(1959― )。2018年5月時点で、所属国会議員は54人(衆議院12人、参議院42人)であった。
 2009年から政権を担った民主党は2012年の衆院選で自由民主党・公明党に惨敗し、2013年参院選や2014年衆院選でも党勢を回復できなかった。このため2016年、民主党に元内閣官房副長官の松野頼久(1960― )を中心とする維新の党や、衆院議員であった村岡敏英(としひで)(1960― )らの改革結集の会の一部が加わって民進党を結党した。発足時の所属国会議員は156人(衆議院92人、参議院64人)。その後、離党者が相次ぎ、2017年の衆院選を控え、当時代表であった前原は事実上希望の党への合流を決めた。しかし小池が民進党出身議員を選別すると言明したため、民進党リベラル派を中心に立憲民主党が結党され、民進党は希望の党、立憲民主党、無所属の会に分裂。2018年5月には、民進党は希望の党と合併するため、党名を国民民主党に変更し、希望の党の大部分の議員が一時的に立ち上げた国民党と合流した。これにより、かつて野党第一党であった民進党は立憲民主党、国民民主党、希望の党、無所属の会などに分裂した。[矢野 武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

民進党の関連情報