コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治責任 せいじせきにんpolitical obligation

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治責任
せいじせきにん
political obligation

政治的代表者が持つ決定の権限と,その決定の及ぼす範囲がきわめて大きいことに伴う責任の形態。代理人や官僚に対しては,権限が委任命令や規則によって定められており,それに伴って責任が生じる。法的には政治家の場合も,職務権限が問題となることが最近の事例ではいくつか見られる。政治制度上は,選挙における落選が最も有力な制裁の手段であるが,議員は通常,いくつかの免責特権を有している。政治責任は,主として政治家といういわば同業者間の職業倫理として,具体的な歴史的条件の中で生まれた概念である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

知恵蔵の解説

政治責任

政治責任という言葉には、為政者がなすべき任務という面とその任務を果たさなかった際に受けるべき非難、制裁という面の2つの使われ方がある。政治家が選挙の際に具体的な約束をし、権力の座に就いたらそれを全うし、仮にできなければ国民から責任を追及され、権力の座から放逐されるという形で国民が政治を統御することが、民主政治の理想である。その時々の必要に応じて政策を進める際にも、政府は国民に対して何のためにどのような手段を用いて行動するかを十分に説明するべきだという考え方が今や常識となっている。そのような責任を特に説明責任(アカウンタビリティー)と呼ぶ。説明責任の重視は、政府と国民の間に、情報提供に基づく合意(インフォームド・コンセント)が必要だという理念に基づいている。政府の指導者は、議会において、マスメディアを通して、政策の狙いやその効果と費用について十分説明する義務を負う。その点で、最近の国会論議が説明責任を果たしているかどうか、大いに疑問といわねばならない。

(山口二郎 北海道大学教授 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

デジタル大辞泉の解説

せいじ‐せきにん〔セイヂ‐〕【政治責任】

政治家が負うべき責任。特に、政治家がみずから政治行動の結果に対して問われる責任。政治的責任

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

せいじせきにん【政治責任 political responsibility】

政治責任は,概念上倫理責任と法的責任との中間領域に存在し,政治権力(統治者またはその集団)に対する被統治者による監視と抑制の役割を果たしている。すなわち政治責任は,政治的意図や目的の倫理性とは無関係に,政治過程において適正な価値配分の実現や秩序の維持に失敗した場合,政治権力を有する側がその結果をもって被統治者に対して責任を負うことを意味する。したがって現代民主主義国家では,選挙制度,リコール制度,責任内閣制,国家賠償責任制などによって,政治責任を制度的に追及する仕組みができあがっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

せいじせきにん【政治責任】

政治家が、その意図のいかんにかかわらず、自らの政治指導の結果について負うべき責任。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

政治責任の関連キーワードミロシェビッチ死去ステートメント第五共和政議院内閣制内閣総辞職近衛文麿政治指導朝日訴訟専制政治政治道徳宜湾朝保政党内閣ウィット下間頼秀いかん文民自ら

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政治責任の関連情報