喇叭節(読み)ラッパブシ

大辞林 第三版の解説

らっぱぶし【喇叭節】

明治時代のはやり唄。1904年(明治37)演歌師の添田啞蟬坊そえだあぜんぼうの作。唄の最後に円太郎馬車のらっぱをまねた「トコトットット」という囃子詞はやしことばをつける。のちに「炭坑節」「真室川音頭」などを生んだ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android