コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喇叭節 ラッパブシ

2件 の用語解説(喇叭節の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

らっぱ‐ぶし【××叭節】

明治時代の流行歌。のむき山人作詞、添田唖蝉坊(そえだあぜんぼう)作曲。らっぱの音をまねた「とことっとっと」という囃子詞(はやしことば)がつく。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

らっぱぶし【喇叭節】

明治時代のはやり唄。1904年(明治37)演歌師の添田啞蟬坊そえだあぜんぼうの作。唄の最後に円太郎馬車のらっぱをまねた「トコトットット」という囃子詞はやしことばをつける。のちに「炭坑節」「真室川音頭」などを生んだ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

喇叭節の関連情報