喚叫(読み)カンキョウ

デジタル大辞泉の解説

かん‐きょう〔クワンケウ〕【喚叫】

[名](スル)大声を上げてさけぶこと。叫喚。
「学徒が救いを求めて―している」〈原民喜・夏の花〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんきょう【喚叫】

( 名 ) スル
わめきさけぶこと。叫喚。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おめき‐さけ・ぶ をめき‥【喚叫】

〘自バ五(四)〙 大声をあげて泣きうめく。大声で叫ぶ。
讚岐典侍(1108頃)上「『〈略〉ただ召してぞ』と、御手をとらへて、おめきさけび給ふ」
※平家(13C前)七「声々に念仏申おめきさけぶ事おびたたし」

かん‐きょう クヮンケウ【喚叫】

〘名〙 わめき叫ぶこと。きょうかん
※神道集(1358頃)二「武士共遅しと責懸るは、衆合喚叫の有様も是かと思知られたり」

わめき‐さけ・ぶ【喚叫】

〘自バ五(四)〙 大声を出して何かを訴えたり、求めたりする。〔文明本節用集(室町中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android