コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

神道集 しんとうしゅう

6件 の用語解説(神道集の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

神道集
しんとうしゅう

南北朝時代の説話集。 10巻 50章。正平 13=延文3 (1358) 年前後の成立。説経の安居院 (あぐい) 一流に伝承するところを集成したもの。両部神道の所説が数章あるが,諸国の神社の縁起を述べた本地 (ほんじ) 説話が約 40章あり,物語小説,特に本地物との関係が深い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しんとうしゅう〔シンタウシフ〕【神道集】

南北朝時代の説話集。10巻。正平13=延文3年(1358)ごろの成立。諸国の神社の縁起や神祇関係の事柄を集録。神道書。諸社根元抄。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

神道集【しんとうしゅう】

南北朝期の説話集。10巻50章。各巻内題の下に〈安居院作〉と記すが具体的な作者は不詳。本地垂迹の教義を述べ,諸社に祀られている神の本地やその垂迹の物語(本地物)を説いたもの。
→関連項目赤城神社甲賀三郎説話文学

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しんとうしゅう【神道集】

説話集。各巻の内題の下に〈安居院(あぐい)作〉と記すが,実際の編者は不明。南北朝時代(1350‐60ころ)の成立か。10巻50条。巻一冒頭と巻五に〈神道由来之事〉〈天神七代事〉と伊勢神道天台宗の色彩の強い神仏習合の教義をまとめておくなど,神道論書の体裁を整えてはいるが,中心は諸国の神社の神体の本地仏の功徳と前生説話を述べる部分にある。神社の範囲は畿内から諸国にわたっているが,伊勢,宇佐八幡,正八幡(石清水八幡),祇園,稲荷,春日,熱田など畿内を中心とした有力神社は北野以外,前生物語を欠く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しんとうしゅう【神道集】

説話集。一〇巻、五〇条。文和・延文年間(1352~1361)に安居院あぐい流唱導関係者の手により成ると見られる。東国を中心とした神社の由来・縁起などの説話をおさめる。地方民衆のための唱導書か。諸社根元抄。神道根元抄。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

神道集
しんとうしゅう

説話集。「安居院(あぐい)作」と記してあるが、具体的な編者は不明。14世紀後半(文和(ぶんな)・延文(えんぶん)年間)の成立か。10巻50条。天台宗および伊勢(いせ)神道色の濃い本地垂迹(ほんじすいじゃく)の教義と、有名諸神社の本地仏を記してある。とくに赤城(あかぎ)・伊香保(いかほ)・児持山(こもちやま)大明神など上野(こうずけ)国(群馬県)の利根川(とねがわ)西側の神社を中心にして、ほかに熊野・伊豆箱根二所・諏訪(すわ)など関東地方に信仰圏を有した有力神社については垂迹の縁起および神々の前生物語(本地譚(ほんじたん))を記してある。それらは室町物語や説経浄瑠璃(じょうるり)などの本地物(『熊野の本地』『五衰殿(ごすいでん)』『みしま』『諏訪の本地』など)が文芸として成立する以前の、在地の信仰や民俗をそのまま反映した説話として貴重な存在である。本書の本地説話に共通する理念として、神々がその地に慈悲を垂れる神明として顕(あらわ)れるには、前生で人間界に生まれて苦難を受けることが必須(ひっす)とされ、それら苦難の多くが夫婦を中心とした肉親との別離の悲哀(愛別離苦)をモチーフとしている点が特色である。宣命(せんみょう)体風の漢字表記に、真名本(まなぼん)『曽我(そが)物語』や四部合戦状本『平家物語』、『平家族伝抄』と共通した特異な当て字と文章がみられ、それらと言語圏、信仰圏が重なると想像されているが、実態はまだ明らかでない。諸本に古本系(赤木文庫本など)と流布本(東洋文庫本など)があり、後者は整備敷衍(ふえん)されて地方色を薄めている。[村上 学]
『貴志正造訳『神道集』(平凡社・東洋文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の神道集の言及

【時宗】より

…《太平記》《明徳記》《大塔物語》などの軍記物には,戦場で活動する時宗の僧がさまざまに描かれている。時宗の影響の濃い典籍として《神道集》をあげることができる。数々の神社の縁起を集成したこの書は,時宗と神祇信仰との結びつきの強さを知らせてくれる。…

【説話文学】より

…《長谷寺(霊)験記》《春日権現験記》のごとき寺社の霊験集,地蔵・観音以下の神仏利益集類が簇出したのもこのころからである。鎌倉末期から室町時代にかけては,《神道集》と《三国伝記》に注目したい。前者は南北朝時代に集成された安居院(あぐい)流の語り物集で,中世本地物語の一源流と見られ,後者は室町初期に成った伝統的な三国説話の集成書ながら,仏教説話集的性格から座談形式の伽(とぎ)物語的作品に移行している点が見のがせない。…

※「神道集」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

神道集の関連キーワード古本説話集安居院夏安居説話集冬安居内題節談説教安居院法印安居院浄俊安居院流

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone