コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

原民喜 はらたみき

8件 の用語解説(原民喜の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

原民喜
はらたみき

[生]1905.11.15. 広島
[没]1951.3.13. 東京
小説家,詩人。 1932年慶應義塾大学英文科卒業。 35年コント集『焔』を出版。 44年の妻の死に続き 45年疎開先の広島で原爆に被災,その体験を抑制のきいた静かな語りくちで小説『夏の花』 (1947) ,『廃虚から』 (47) などにまとめた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

原民喜

1905年、広島市生まれ。慶応大に進学し「三田文学」などに短編小説を発表。帰省中に広島市の実家で被爆した。直後の市内の様子を書き留めたノートをもとに47年に「夏の花」刊行。「このことを書きのこさねばならない」と記して惨状を詳細に記録した。51年に自殺。

(2008-03-02 朝日新聞 朝刊 週刊中国)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

はら‐たみき【原民喜】

[1905~1951]詩人・小説家。広島の生まれ。詩・短編小説を「三田文学」に発表。原爆体験を基にした小説「夏の花」が代表作。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

原民喜【はらたみき】

詩人,小説家。広島市生れ。慶応大学英文科卒。1935年コント集《焔(ほのお)》を自費出版,その後数年間は多産の時期で,《三田文学》などに多くの短編小説を発表。1945年8月,実家に疎開中,広島で原爆投下にあう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

原民喜 はら-たみき

1905-1951 昭和時代の詩人,小説家。
明治38年11月15日生まれ。義弟に佐々木基一。一時左翼運動にくわわる。昭和11年以降「三田文学」に詩,短編小説を発表。広島での被爆体験をつづった小説「夏の花」で注目される。朝鮮戦争勃発など時代の流れに衝撃をうけ,昭和26年3月13日鉄道自殺。45歳。広島県出身。慶大卒。作品に「鎮魂歌」「心願の国」など。
【格言など】砂に影おち崩れ落つ 天地のまなか一輪の花の幻(碑銘)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

はらたみき【原民喜】

1905‐51(明治38‐昭和26)
詩人,小説家。広島生れ。富裕な家庭に生まれたが,幼児期に精神に傷をうけ,人間に深くおびえる無口で内向的な性格の持ち主に育った。慶応大学時代,英文学を専攻。評論家の山本健吉らと付き合い,文学の修業をするとともに左翼運動に加わったりした。左翼運動を断念してからデカダンな生活を送ったが,評論家佐々木基一の姉の貞恵と結婚後は身心ともに落ち着き,積極的な創作活動に入った。 1944年に妻を失い,45年8月6日広島で原爆に被災してからは,みずからを〈原子爆弾の一撃からこの地上に新しく墜落してきた人間〉と規定し,亡き妻をしのぶ《苦しく美しき夏》《死のなかの風景》など〈美しき死の岸に〉の連作,《夏の花》《廃墟から》(以上1947),《壊滅の序曲》(1949)の三部作から,《鎮魂歌》《心願の国》などにいたる作品を書いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はらたみき【原民喜】

1905~1951) 小説家・詩人。広島生まれ。慶大卒。原爆体験に基づいた小説「夏の花」で知られる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

原民喜
はらたみき
(1905―1951)

詩人、小説家。明治38年11月15日広島市に生まれる。慶応義塾大学英文科卒業。1936年(昭和11)ころより『三田文学(みたぶんがく)』に散文詩風な短編をしきりに発表する。1944年妻病死。「もし妻と死に別れたら一年間だけ生き残ろう、悲しい美しい一冊の詩集を書き残すために……」(「遙(はる)かな旅」)そんな思いを抱き、1945年春、広島市の兄のもとに疎開する。8月6日、原爆投下にあい被災。この新地獄のような怖(おそ)ろしい体験は『夏の花』『鎮魂歌』などの作品となる。1946年上京、『三田文学』の編集に携わる。1947年『夏の花』を同誌に発表、世評高く、これにより第1回水上滝太郎賞(みなかみたきたろうしょう)を受賞。作品にはほかに『廃墟(はいきょ)から』(1947)、『壊滅の序曲』(1949)、『心願の国』(1951)、『原民喜詩集』(1951・細川書店)などがある。昭和26年3月13日西荻窪(にしおぎくぼ)で鉄道自殺。民族の歴史的事件ともいうべき原爆投下に遭遇し、創作衝動に駆られ書き続けられた『夏の花』以下一連の原爆小説は、凄惨(せいさん)な内容だが抑制された文体で描いていて、感銘もいっそう深い。[中石 孝]
『『原民喜全集』3巻・別巻1(1978~79・青土社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の原民喜の言及

【原爆文学】より

…第1は,1945年8月6日広島に,ついで8月9日長崎に原爆が投下されたとき,広島,長崎に居合わせた文学者がつぶさに惨状を目撃したり記録をとったりしたのをもとに証言性の高い作品を書いたことにはじまる。原民喜の《夏の花》《廃墟から》(以上1947),《壊滅の序曲》(1949)の三部作から《鎮魂歌》《心願の国》にいたる作品,大田洋子の《屍(しかばね)の街》(1948),《半人間》(1954)などの作品,峠三吉(1917‐53)の《原爆詩集》(1951),正田篠枝の《さんげ》(1947)などの詩歌集が代表的なものである。第2は,学生時代に被爆し,多くの学友や隣人の死に立ち会った人が長じて作家となり書いた作品。…

【夏の花】より

原民喜の短編小説。1947年《三田文学》に発表。…

※「原民喜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

原民喜の関連キーワードシャルドンヌスタンダールデポルトフォガッツァーロポーイスモンタルボ大宅家庭的修覚バラグタス

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

原民喜の関連情報