コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多長七郎 きた ちょうしちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多長七郎 きた-ちょうしちろう

1845-1920 明治-大正時代の開拓者。
弘化(こうか)2年生まれ。大和(奈良県)葛上郡(かつじょうぐん)鳥井戸村の人。明治3年宇智郡(うちぐん)阿田峰の開墾に着手し,約20haをひらく。9年土地の払い下げをうけて大野新田と命名,移住民をつのって約50haをひらき,のち200haの果樹園地帯に発展させた。大正9年死去。76歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

喜多長七郎の関連キーワード大正時代開拓者弘化

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android