コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜多長七郎 きた ちょうしちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜多長七郎 きた-ちょうしちろう

1845-1920 明治-大正時代の開拓者。
弘化(こうか)2年生まれ。大和(奈良県)葛上郡(かつじょうぐん)鳥井戸村の人。明治3年宇智郡(うちぐん)阿田峰の開墾に着手し,約20haをひらく。9年土地の払い下げをうけて大野新田と命名,移住民をつのって約50haをひらき,のち200haの果樹園地帯に発展させた。大正9年死去。76歳。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

喜多長七郎の関連キーワード大正時代開拓者弘化

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android