コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜淵 きえん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜淵 きえん

1254-1319? 鎌倉時代の僧。
建長6年生まれ。天台宗大原流の声明(しょうみょう)家。覚淵に師事し,京都来迎(らいこう)院の住持をつとめる。真言宗の南山進流声明にも通じ,声明本,楽理書の書写・収集をおこなった。元応元年?死去。66歳?号は円珠房。著作に「諸声明口伝随聞(くでんずいもん)及注之」「当流三個変音(へんのん)図」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

喜淵

没年:没年不詳(没年不詳)
生年:建長6(1254)
鎌倉後期の天台宗大原流の声明家。字は円珠房。真言宗の南山進流の声明にも通じていたという。広く声明の音楽理論に関心を持ち,声明本や理論書を多数書写したうえ,みずからも楽理に関する著書『諸声明口伝随聞及注之』(1272),転調に当たる「変音」についての『当流三個変音図』(1276)を記している。

(高橋美都)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

喜淵の関連キーワード鎌倉時代没年

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android