コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

喜舎場朝賢 きしゃば ちょうけん

2件 の用語解説(喜舎場朝賢の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

喜舎場朝賢 きしゃば-ちょうけん

1840-1916 琉球の官吏。
尚育王6年生まれ。最高学府国学にまなぶ。1868年から沖縄県設置にいたる12年間,最後の国王尚泰王の側近をつとめ,1872年には維新慶賀使に随行して上京。琉球処分を内部からみた著書「琉球見聞録」がある。大正5年4月14日死去。77歳。唐名は向(しょう)延翼。号は東汀。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

喜舎場朝賢

没年:大正5.4.14(1916)
生年:尚育6(1840)
幕末明治期の琉球国の士族。童名は次郎,唐名は向廷翼(向は尚を略したもので,読みは尚に同じ)。首里儀保村生まれ。国学で学ぶ一方,津波古政正から詩文を学び,その才能によって尚泰19(1866)年に尚泰冊封時の通事(通訳官),翌年には国王の側仕えとなり,同25年には,維新慶賀使節の一員として東京を訪れている。しかし,同32(1879)年の琉球処分という琉球王国の崩壊によって官職を失い,貧窮士族となって農村へ移住した。その後,久米島での開墾事業や吏員の弊政改革を主張するなどの社会活動をも行った。著作に『琉球見聞録』『東汀随筆』などがある。

(豊見山和行)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

喜舎場朝賢の関連キーワード全魁護得久朝常士族授産童名浦添朝忠大湾朝功喜安幸地朝常尚泰王徐葆光

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone