嗅神経麻痺(読み)きゅうしんけいまひ(英語表記)olfactory nerve palsy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

嗅神経麻痺
きゅうしんけいまひ
olfactory nerve palsy

神経の走行路である鼻粘膜から嗅球にいたる間の障害で起る。鼻粘膜疾患,頭蓋骨骨折,髄膜疾患などが原因となる。嗅覚が衰えるかまったくなくなるかするが,片側だけの神経の麻痺では自覚されにくい。両側の麻痺の場合は通常,嗅覚だけでなく味覚も衰えるが,基本的な味覚の識別能力は侵されていないことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android