コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

器官形成 きかんけいせいorganogenesis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

器官形成
きかんけいせい
organogenesis

胚発生において,器官が予定材料より,原基の状態を経て,構造,機能が完成されるまでの過程。細胞の増殖,成長,組織分化などの過程が一定の秩序で起る。脊椎動物では,将来の各器官となる材料は,胞期には胚表面に配列しているが,原腸形成の結果,外,中,内の3胚葉に分れ,各胚葉から一定の器官が分化する。この際,オルガナイザーが特定の器官の形成を誘導,決定する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

器官形成

 器官発生ともいう.個体が発生していく過程で器官が形成されていくこと.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

器官形成の関連キーワード子どものホルモンの病気の特徴と対策胎児性アルコール症候群ホメオティック遺伝子アポトーシスつぼみ(蕾)発生遺伝学植物生理学繁殖毒性X線検査人工生命発生毒性間充織成長点胎児奇形

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

器官形成の関連情報